建築家とつくる併用住宅ガイド

この建築家に頼みたい!併用住宅の設計会社えりぬき5選

デザインや住宅機能にとことんこだわった併用住宅が欲しい。

そのためには、名実を兼ね備えた一流の建築家に出会う必要があります。

このサイトでは、さまざまな情報をもとに厳選した国内の建築家・設計会社を紹介しています。あなたの併用住宅が実現する助力になれば幸いです。

山川設計

  • 山川設計外観写真
  • 山川設計外観写真
  • 山川設計外観写真
  • 山川設計外観写真
山川設計サムネイル 山川設計サムネイル 山川設計サムネイル 山川設計サムネイル

※クリックすると画像が拡大されます。

デザイン施工例をもっと見る

建築家の
プロフィール
山川幹夫
1956年 新潟県生まれ
1979年 日本大学生産工学部建築工学科卒業後、建設会社設計部、建築設計事務所において住宅・商業施設の設計活動に従事。
1989年 山川設計、設立
(社)日本建築士会連合会会員、(社)東京都建築士事務所協会会員
併用住宅への
強み・こだわり
  • 併用住宅への専門性が高く、「モダンリビング」など高級住宅誌でもファンが多い山川氏が自らデザインを手掛ける。
  • 他にはない「すべてRC造で設計する会社」。併用住宅と相性が良い「RC造」の設計に定評があり、耐震性と自由なデザインを実現している。
  • 設計の前段階で打ち合せやヒアリングにかける時間が多く、丁寧なプランニングが評判。
  • 高級感と質感にこだわりながらも、実用性や収益性も考慮し、オーナーの要望をできるかぎりカタチにしてくれる。
  • 提案は設計図面だけでなく、模型でプレゼンテーション。建てられる住宅のデザインが視覚的にわかり、顧客からも好評。
  • かぎられた予算内で極力オーナーの意向を叶える工夫をこらすが、安全性といった品質管理には一切妥協なし。
  • 引渡後も安心。メンテナンス部門を持っていて、アフターフォローも充実。

山川設計についてさらに詳しく

テラジマアーキテクツ

  • テラジマアーキテクツ外観写真
  • テラジマアーキテクツ外観写真
  • テラジマアーキテクツ外観写真
  • テラジマアーキテクツ外観写真
テラジマアーキテクツサムネイル テラジマアーキテクツサムネイル テラジマアーキテクツサムネイル テラジマアーキテクツサムネイル

※クリックすると画像が拡大されます。

デザイン施工例をもっと見る

建築家の
プロフィール
寺島茂
1987年 企業内にて高級戸建て住宅の企画開発室長に就任
1990年 企業を退職したあと、デザインの勉強のためアメリカに渡る
1992年 寺島建築設計事務所を設立(のちにテラジマアーキテクツに改称)
[受賞歴]
CGパースコンテスト優秀賞、H大賞地域最優秀賞、ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト部門賞、自立循環型住宅コンテスト最優秀賞、SOWEデザインアワードグランプリなど多数
併用住宅への
強み・こだわり
  • 斬新なデザインからオーソドックなものまで、振り幅の広いデザイン力がある。
  • 光と風を感じさせる「開放感のある都市型」設計を得意としている。
  • 重量木骨の家や耐震性のある木造SE工法など、独自の工法をもっている。
  • シンプルモダンや和モダンなど、デザインがかたよることなく自在に設計OK。
  • 資産として価値ある併用住宅の設計・施工をめざしている。

テラジマアーキテクツについてさらに詳しく

アーキプラス

  • アーキプラス外観写真
  • アーキプラス外観写真
  • アーキプラス外観写真
  • アーキプラス外観写真
アーキプラスサムネイル アーキプラスサムネイル アーキプラスサムネイル アーキプラスサムネイル

※クリックすると画像が拡大されます。

デザイン施工例をもっと見る

建築家の
プロフィール
中村 晃
1981年3月 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1981年4月 戸田建設株式会社入社、設計統轄部計画設計部主管一級
2007年7月 株式会社アーキプラス一級建築士事務所設立
[受賞歴]
日本建築家協会優秀建築選入選、グッドデザイン賞受賞、江古田の都市型集合住宅設計競技 最優秀賞受賞
併用住宅への
強み・こだわり
  • 空間づくりにこだわり、まず空間の豊かさを考えた設計がなされます。
  • RCならではの強固な耐震性を重視した家づくりが特徴。
  • 傾斜地や狭小地での住宅設計を得意としていて、大開口部分を多用した建築物が多い。
  • デザイン住宅・別荘・集合住宅・事務所、ビルなど対象を選ぶことなく、オリジナルのデザイン設計が可能。
  • 周辺環境を最大限活かして、五感を刺激するような建築を目指している。

アーキプラスについてさらに詳しく

UDA建築設計

  • UDA建築設計外観写真
  • UDA建築設計外観写真
  • UDA建築設計外観写真
  • UDA建築設計外観写真
UDA建築設計サムネイル UDA建築設計サムネイル UDA建築設計サムネイル UDA建築設計サムネイル

※クリックすると画像が拡大されます。

デザイン施工例をもっと見る

建築家の
プロフィール
西村 和起
1965年生まれ 岐阜県出身
1級建築士(登録 第297626号)、岐阜県木造住宅アドバイザー(登録 第2323号)、岐阜県木造住宅耐震相談士(登録 第1165号)、岐阜県被災建築物応急危険度判定士(登録 第23196号)、ファイナンシャルプランナー(AFP)
併用住宅への
強み・こだわり
  • 医院併用住宅に強く、企画から設計・監理までを行なっている。
  • クライアント視点で設計。建築家はそこに品質や機能、デザインの不可価値を加えていく。
  • 医院に強いだけあり、清潔感とナチュアル感にこだわったデザインが得意。
  • 代表の西村氏をはじめとする4人の建築家が所属。
  • 東海エリアに特化しているようにおもえるが、全国に対応。

UDA建築設計についてさらに詳しく

STUDIO COVO

  • STUDIO COVO外観写真
  • STUDIO COVO外観写真
  • STUDIO COVO外観写真
  • STUDIO COVO外観写真
STUDIO COVOサムネイル STUDIO COVOサムネイル STUDIO COVOサムネイル STUDIO COVOサムネイル

※クリックすると画像が拡大されます。

デザイン施工例をもっと見る

建築家の
プロフィール
山口 健太郎
1996年 日本大学理工学部建築学科卒業後に渡伊
1996年 トーニ・フォリーナ建築事務所勤務(イタリア・トレヴィーゾ)
2009年 独立後、STUDIO COVOを設立
一級建築士 大臣登録第301384号
東京建築士会 正会員
東京都木造住宅耐震診断技術者
併用住宅への
強み・こだわり
  • デザイン・機能・間取りの全てに顧客の要望を聞き入れた設計をしてもらえる。
  • 住み心地と高収益の両立を叶える建築設計が得意。
  • 光・風・音・景色など、周囲の環境を美しく効果的に取り入れた空間づくりに定評がある。
  • 自然素材を活かした家づくり。肌触りの良さにこだわっている。
  • 施行中は、設計士自らが現場監理として、週1回以上の現場打ち合せや検査を実施。

STUDIO COVOについてさらに詳しく

このサイトは、2015年6月24日の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

【特集】ファンが絶えない!山川設計の併用住宅にフォーカス

紹介してきた5社の中でも、デザインがひときわ異彩を放つ山川設計。熱狂的なファンも多いという、その人気の秘密に迫ります。

主宰・山川氏がすべてデザインにかかわる

山川設計のデザイン専門性併用住宅に対する専門性の高さから、高級建築専門誌の「モダンリビング」などメディアに数多く取り上げられる山川設計。主宰している山川氏本人が、すべてデザインを手掛けます。

併用住宅というと画一的なイメージがあるかもしれませんが、施工事例からもわかるように、「建築家だからできる、個性があって遊び心のあるデザイン」がここでは可能です。とくに併用住宅を建てるなら、住む人だけでなく、そこに集う人たちにとっても魅力的でなければいけません。

打ち合わせには十分に時間が充てられ、その時間が「とても楽しい」と実際のオーナーからも話題です。完成された建物だけでなく、それを作るプロセスも大切にしているのが人気の理由でしょう。

併用住宅に最適のRC工法

山川氏が設計する併用住宅は、そのほとんどがRC工法を採用しています。これは、併用住宅には長期にわたる耐用年数が求められるため。しかも地震にも強く、耐震性も抜群です。

オフィスやクリニック、賃貸と住居を兼ねた場合、どうしても建築費用がかさみます。これらを長期にわたり賃料などで回収することを考えた場合、建物自体が先にダメになったり、リフォーム費用がさらにかかってしまっては、元も子もありませんからね。

また、RC工法だからできる広々とした大空間を実現。一般的な住居にはない開放感は、RC工法ならではの魅力です。

堅牢なRC住宅は、アパートローンを借りる際も銀行から有利に評価される傾向にあり、併用住宅の構造としては最適と言えるのです。

見事なコストパフォーマンス

山川設計のRC工法山川設計は、細部までこだわるのに非常に良心的な価格だ、とオーナーから評判です。

実際に、このサイトで紹介している山川設計の家はどれも高級感のあるものですが、必ずしも高額というわけではありません。

「良い家=高い家」というイメージを覆すため、山川設計では出来る限りオーナーが希望する予算内で、コストパフォーマンスの高い設計をしてくれます。

ちなみに、建替え希望でも状況次第でリフォームを勧められることもあります。無理に新築にせず、基本的な構造を活かしたリフォームが最適となれば、あえて新築にはこだわらない提案をしてくれます。その場合、新築の半分以下のコストで建てられることも。予算が抑えられるため、オーナーは内装やインテリアなどに費用をまわすことができるのです。

山川イズムでつくる併用住宅

pagetop