HOME » 【医院併用住宅】こだわり実例集

【医院併用住宅】こだわり実例集

このカテゴリでは、医院併用住宅を設計する際のポイントと、実際に併用住宅を建てたオーナーの実例を紹介していきます。

医院併用住宅の設計のポイントとは

開業医の増加に伴い、医院間での競争がますます激化しています。これからの医院経営にとって鍵となるのは“患者さんが通いたくなるかどうか”。患者目線で選ばれる医院として環境を作っていかなければならないでしょう。

医院併用住宅設計では、患者さんの立場にたった視点が必要となってきます。治療中はもとより、待ち時間もよりリラックスできる環境を整えてあげること。来院される方も小さなお子様からお年寄りまで、幅広い層に対応するのか、あるいは小児科など幼児専門かによっても設計が変わってきます。そうした細やかな心遣いを理解した上での設計が求められるからです。

また、医院併用住宅の場合は、他の併用住宅と比べ、規制や申請することも多く、一筋縄ではいきません。その点、医院併用住宅の設計経験が多い建築家に依頼することは、安心につながりますし、よりクオリティのい高い仕上がりになることでしょう。

ここでは医院併設住宅を設計する上での大切なポイントを解説しています。さらにドクターからも、患者さんからも評判の高いデザイン事例を採りあげて紹介しています。

デザインがわかるように、写真や間取り図も掲載。さらにオーナーの声もインタビューとして掲載していますので、ぜひ参考になさってください。
 

併用住宅に強い建築家がいる設計会社5選はこちら
pagetop