HOME » 東京・横浜で本物の併用住宅をつくる厳選8社 » ハウジングオペレーションアーキテクツ

ハウジングオペレーションアーキテクツ

新旧織り成すハウジングオペレーションアーキテクツ

日本に古くからある素材を最新のデザインで設計する、ハウジングオペレーションアーキテクツの特徴に迫ります。

ハウジングオペレーションアーキテクツの併用住宅デザイン事例

HOAの外観HOAの病院受付HOAの病院内

木の優しさと温もり溢れる動物病院併用住宅

外観はアールで構成した板張りの外壁と屋根が柔らかい印象を与えてくれます。

木の雰囲気を活かしたいというオーナー院長の要望で、シナ材やタモ材といった自然素材をそこかしこに使用。ベンチや家具も、北海道産の木材を用いて自社工場で製作したオリジナル製です。

お客さん・動物・働くスタッフ全ての人が居心地の良い空間になるようにこだわっ設計されています。

一流建築家がいる併用住宅の設計会社を比較>>

建築家のプロフィールと会社の特徴

石出 和博
1973年 藤田工務店入社、宮大工の技術を学ぶ
1989年 一級建築士事務所アトリエアム設立
1996年 林野庁と北海道の支援を受けた新しい住宅供給システムHOP(ハウジングオペレーション)を設立。国産材の確保から製材、設計、建築までを協業化して事業を推進

自然素材を使った木造建築を、日本の伝統的な建築工法で建てているハウジングオペレーションアーキテクツ。設計から施工まで自社で一貫して請負っています。

デザイン事例でもわかりますが、どれも伝統様式と最先端のデザインがマッチしていて、建築家のセンスを伺い知ることができます。高級感のある質感はもとより、快適性までも追求している姿勢が伝わってきます。

ハウジングオペレーションアーキテクツでは、建具から家具まで自社工場で製作するこだわりよう。独自のHOP工法(実用新案取得済み)により、従来の2.5倍の強度と耐久性を木造建築で実現するなど、デザイン性ばかりでなく技術力にも優れた建築会社です。

ハウジングオペレーションアーキテクツで併用住宅を建てたオーナーの声

無垢材を多用していて、温か味のある雰囲気の家が建てられました。照明やインテリアまでアドバイスしてくれ、家とマッチしていてとても気に入っております。

建築家と打ち合せを重ねながら建築していく醍醐味が注文住宅にはありますね。土地探しから足掛け3年かかりましたが、ハウジングオペレーションアーキテクツさんと家づくりができて良かったです。

随所に木のぬくもりが感じられます。注文住宅なので細部にわたり建築家と相談しながら進めてきました。建築家の家づくりのこだわりが強く、安心して任せられました。

会社概要

[社名]ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社

[所在地]横浜市西区みなとみらい2-3-1クイーンズタワーA棟7F(HOP東日本)、札幌市中央区北4条西21-2-1FUJITA BLD.(HOP札幌)

[設立]平成9年5月

[免許]1級建築士事務所(石)第4147号、建設業者許可 国土交通大臣許可 (特-22) 第21396号

[加盟団体]住宅性能保証制度登録、日本住宅保証検査機構(JIO)登録、日本建築学会会員

[対応エリア]北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、長野、静岡、横浜

併用住宅に強い建築家がいる設計会社5選はこちら
pagetop